• お電話受付:9:30~18:30
    (毎週火曜日・水曜日定休日)
  • 0120-67-5513
menu

仮住まい探しのポイント

その1. 物件選びのポイント

理想の物件・・・でも物を置くスペースが足りない・・・
現在お住まいにある家財すべてを収容できる一戸建てを借りるとなると、広い物件の数が少ないばかりか、家賃も高額になってしまいます。短期賃貸物件で低価格の住宅があれば別ですが、一般的なファミリー向けタイプの賃貸住宅は、2DKから3DKの間取りで、50㎡前後が中心です。
広い住宅が見つかるまで探すよりも、手狭な分をトランクルームで代用して、新居まで使わない荷物や家財、季節のものを収納するのも一策です。トランクルームは礼金や仲介料がかからない分、トータルで仮住まい費用が削減できたりすることもあります。何より、物件選びで広さの条件が緩和されることで、より多くの物件の中から、仮住まいを探すことが出来ることになります。
近くに広めの仮住まいが見つからなければ、家の広さを優先するか、自宅からの近さを優先するかを決めて、最終的にトランクルームの費用も含めて決定されることをお勧めいたします。

その2. 仮住まいライフを充実させる 仮住まい成功の3か条

マイホームができるまでの一時的な住まいです。少しの不満は目をつむる心構えで探しましょう。

仮住まいライフの充実

      【①多少辛抱】

      新居が出来るまでの仮住まいなので、多少のことは目をつぶり辛抱する気構えが必要です。

      【②予算重視】

      家賃そのものよりも、その期間全体で必要となる費用を元に予算を立てましょう。多少のことはガマンしましょう。

      【③柔軟思考】

      その期間使わないものはトランクルームを活用するなど、建物に合わせてフレキシブルに対応しましょう。

その3. 短期物件専門の不動産会社を利用

一般的な不動産会社は「短期契約」が可能となる物件の取り扱いを行っておりません。そのため、紹介までの時間がかかってしまうことや、賃貸条件が合わないことが予想されます。短期契約は賃貸取引のなかでも特殊な契約です。なので、仮住まいは短期物件の仲介を専門とした不動産会社へ相談した方が、「物件を探す手間」を抑えることができ、スムーズなお引越しが実現できるのです。ぜひ「リロの仮住まい」にご相談ください。

仮住まいについての
Webお問い合わせフォーム

お電話でも承ります。
受付時間:9:30~18:30(毎週火曜日・水曜日定休日)0120-67-5513